Skip to main content

オープンコール

2022年ユースコンペティションに応募する最後のチャンスです!月末までに作品を応募して、今年のユースフォトグラファーになるチャンスを手にしましょう。12月のコンペティションはオープンコール(自由企画)です。あらゆる主題やジャンルの写真を提出できます!

12際から19歳であれば、その月のテーマに関連する作品を3点まで応募できます。6月から12月まで、皆さんのインスピレーションをくすぐる7つのテーマを用意する予定です。テーマに含まれるのは、ワイルドライフ、風景、ポートレート、静物、ストリートフォトといったジャンルです。

毎月、最大10人の最終候補者(受賞者を含む)を、世界写真機構のInstagramフィードとブログで発表します。受賞者は週刊ニュースレターで宣伝してされます。その後、2022年4月には、「ユース部門年間最優秀賞」を受賞できるチャンスがあります。ユース部門優勝者は、国際的な認知を受けて作品を宣伝できるだけでなく、ソニーのデジタルイメージング機材一式を獲得して、さらにビジョンを高めることができます。

公式SNSやyoutubeの公式チャンネルでは、ハッシュタグ#youthofswpa を使用し、月例コンペティションの情報を拡散します。皆さんにも拡散していただくようご協力お願いいたします。

 

オープンコール
12月1日から31日までの一般公募、1月10日に受賞者を発表します

 

 

今月のコンペティションはオープンコール(自由企画)です!快挙を遂げるフォトグラファーは誰もが独特の世界観を持っています。その世界を私たちにも教えてください。この1年で撮影したお気に入りの写真を、3点まで選択してください。応募作品は、どんなテーマでも、スタイルでも、素材でも構いませんが、目を引く、見る人の想像力をかき立てる写真を選ぶようにしましょう。

応募方法

  • 今年撮影した作品の中から、今月のテーマに当てはまる作品を1点から3点選びます。
  • ユーザー登録するか 、アカウントがある場合はログインします。
  • 「コンペティション」(コンテスト )をクリックし、「ユース」を選びます。
  • 確実に応募作品をアップロードできるよう、以下のチェックリストを読んでください。
  • 今月の月例テーマに関する写真を1枚から3枚アップロードしてください。

 

応募前の確認事項——チェックリスト 

応募前に、応募作品がすべて以下の条件を満たしているか確認してください。

  • 画質10以上のJPEGフォーマットあるいは可能な限り最高画質(使用するソフトウェアによる)で保存した画像
  • 画像容量は1-5 MB*
  • sRGB カラーモードに設定(CMYK は不可)
  • 要注意!このカテゴリーには年齢制限があり、応募可能年齢は12歳から19歳です。もし、20歳以上の場合は、学生部門一般公募部門、またはプロフェッショナル部門に応募してください。

*サイズやフォーマットの調整方法がよく分からない場合は、ネット上にやり方についてのヒントが色々載っていますので検索して調べてみてください。何らかの理由でWPOのサイトに写真をアップロードできない場合は、JPEGフォーマットになっているか再確認し、もう一度アップロードしてみてください。それでも問題が解決しない場合は、こちらからご連絡ください

1970 categories