Skip to main content
© Kei Nomiyama, Japan, Open Photographer of the Year, 2016 Sony World Photography Awards

コンテスト

あなたに合った部門を見つけてください。
© Claudney Neves

コンテスト:4つの部門

 

  • プロフェッショナル部門 - 10カテゴリーで構成、組作品を審査します。

  • 一般公募部門 - 10カテゴリーで構成、単品の作品を審査します。
    ○ ナショナルアワード 一般公募部門での応募は自動的にナショナルアワード(日本部門賞)への応募となり、日本人写真家による作品の中から最高の一点を選定します。

  • ユース部門    - 12歳から19歳までのあらゆるフォトグラファーが対象。1つのテーマ(ブリーフ)に沿った作品間で最高の一点を選定します。

  • 学生フォーカス部門 - 写真を学ぶ学生のための部門です。

 

応募締切

プロフェッショナル部門: 日本時間 2017年1月11日(水) 08:59

一般公募、ユース部門: 日本時間 2017年1月6日(金) 08:59

学生フォーカス部門: 日本時間 2016年12月6日(火) 08:59

概要

世界最大の写真コンテストにようこそ。
© Anton Unitsyn

2017年に10周年を迎えるソニーワールドフォトグラフィーアワードは、前年度の世界最高の写真にフォーカスします。

応募費用は無料。 フォトグラファーならだれでも挑戦できます。ソニーワールドフォトグラフィーアワードは写真業界で大きな権威をもち、入賞者や最終選考に残ったフォトグラファーのキャリア形成を強力に支援します。
 
2007年の第1回以来、累計エントリー数は100万点を超え、最も評判の高い影響力ある写真コンテストの一つとしての地位は不動のものとなっています。
 
毎年、賞金総額3万米ドルのほかソニーの最新カメラが受賞フォトグラファーに授与されます。またフォトグラファーには数多くのメディア取材の機会と作品を展示するグローバルな舞台が与えられます。
 
受賞作品と最終候補作品は、春にロンドンの有名なサマセットハウスで開催されるソニーワールドフォトグラフィーアワード作品展覧会で展示されます。

 

「有名な組織と審査員、そして写真家のコミュニティから『お墨付き』をもらえたことは、私個人としてもプロとしても大きな意味のあることでした。」- Sophie Gamand、ソニーワールドフォトグラフィーアワード 2014プロフェッショナル部門「ポートレート」カテゴリー最優秀賞受賞

作品発表とメリット

世界最大の写真コンテストに応募することのメリットは沢山あります。
© Amir Hoosein Kamali

世界中での作品発表の機会が、入賞フォトグラファーだけでなく最終選考に残ったフォトグラファーにも与えられます。

作品を認められたフォトグラファーのメリット:
 
  •  ロンドン・サマセットハウスでの作品展示
  • 国際展覧会への出品作品となる可能性
  • ソニーワールドフォトグラフィーアワード年間図録に掲載
  • ソニーその他のパートナーと組んで各種プロジェクトに参画する可能性

 

 
World Photography Organisation はオンライン活動も盛んに行い、世界中の写真ファンやプロ写真家と以下の方法でつながりを持っています。
 
  • ウェブサイト
  •  ブログ
  • ソーシャルプラットフォーム
  • 国際的パートナーシップ
  • オフライン・イベント

 

ソニーワールドフォトグラフィーアワードにエントリーしたフォトグラファーは、Instagramでの特集ウィークから、数百万人が視聴する展覧会取材やWPOの他のソーシャルプラットフォームで発表されるフォトグラファーの最新ショー/ニュースに至るまで、上記すべてのプラットフォームで年間を通じて取り上げられます。

ソニーワールドフォトグラフィーアワードの年間PRキャンペーンはあらゆる種類のメディアに浸透し、受賞者だけでなく最終選考に残ったフォトグラファーに対しても大きな関心が寄せられます。取材記事は世界最大級の発行部数を誇る新聞や最も人気のあるウェブサイトから、高級雑誌や写真業界の重要出版物に至るまで、どこでも目にすることができます。世界中のメディアの関心は受賞者だけでなく最終選考に残ったフォトグラファーに対しても集まり、これらフォトグラファーのほぼ全員について前記のPRキャンペーンが行われます。

2015年には、世界中でソニーワールドフォトグラフィーアワードと出展フォトグラファーについて740,660件を上回る記事が掲載されました。英語の記事は950,814,837人に読まれています。