Skip to main content

プロフェッショナル部門 (Professional competition)

組作品を審査対象とし、その内容を審査します。

  • 誰でも自由に応募可能で、1カテゴリーあたり5点以上、10点以下の作品提出が必要です。
  • 10に及ぶ様々なカテゴリーで構成されています。
  • カテゴリーごとに最大10名の最終選考通過者および1位、2位、3位受賞者が選出されます。
  • 最優秀賞1名が選出され、25,000USドルの賞金が授与されます。
  • プロフェッショナル部門に応募した場合、一般公募部門 やユース部門には応募できません。
  • 応募作品の基準については下記の「プロフェッショナル部門規則」をご参照ください。
  • 応募締切りは2020年1月14日13.00 GMT(日本時間22:00)です。

 

プロフェッショナル部門のコンペティションでは、世界最高の組写真を選出し、発表します。

 

審査員は、技術的に優れ、インパクトのある組写真で、現代写真の可能性において新鮮な展望を感じられるような作品に出会いたいと考えています。その写真にしか出せないようなオリジナリティを世界中の観客と共有したいと思っているのです。

 

新進気鋭のフォトグラファーにとって、ソニーワールドフォトグラフィーアワードは、出版契約やギャラリー展示の機会、さらに世界各国の展示会出展への足がかりになります。既に地位を確立しているアーティストには、個人のプロジェクトを共有するグローバルなプラットフォームを提供し、メディアに対する情熱を評価します。

 

アーティストは、以下のカテゴリーの中から2つ以上に応募することができます:

建築、クリエイティブ、発見、ドキュメンタリー、環境、風景、ナチュラルワールド、ポートレート、静物、スポーツ

 

「2018年度フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀賞)を受賞して以来、わたしの身には大きな出来事が3つ起こりました。まず、先日、写真集(Ex-Voto (GOST 発行))が出版されたこと、ギャラリー展示(HackelBury Fine Artギャラリー)が実現したこと、そして、Rencontres d’Arles(アルル(フランス))において開催されるフォトグラフィーフェスティバル でショーを開催する機会に恵まれたことです。ソニーワールドフォトグラフィーアワードのおかげで、わたしのキャリアパスは芸術写真の領域へと大きく進路変更しました。受賞を転機に、自分の理想に一挙に近づいた気がします」

 

2018年度フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー

Alys Tomlinson (英国)

 

 

「フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの受賞は、写真で紡いだ物語が多くの人々に届いたという意味において、とても嬉しく思っています。受賞発表があった途端に電話が鳴り始め、ずっと鳴りっぱなしでした。世界中からメッセージをいただきました。。。みなさん、わたしが語りたいストーリーを聞きたいと思っているんだなと思いました。これ以上の望みはありません」

 

2019年フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー

Federico Borella(イタリア)

賞金・賞品

  • フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀賞):現金2万5000 USドル/ロンドンまでの旅費(飛行機)および宿泊費/ソニー製デジタルカメラ一式/ロンドン・サマセットハウスでの作品展示
  • 各カテゴリー1位:ロンドンまでの旅費(飛行機)および宿泊費/ソニー製デジタルカメラ一式/ソニーワールドフォトグラフィーアワード年間図録に掲載/ロンドン・サマセットハウスでの作品展示
  • 1位、2位、3位受賞者:授賞式チケット/ソニーワールドフォトグラフィーアワード年間図録に掲載/ロンドン・サマセットハウスでの作品展示
  • 最終選考通過者:ロンドン・サマセットハウスにて作品をデジタル展示