Skip to main content

プロフェッショナル部門

組作品を審査対象として評価します。
 

  • プロフェッショナル部門には誰でも自由に応募できます。
     

  • 10カテゴリーで構成され、組作品が審査対象となります。
     

  • 5点以上10点以内で構成される組作品での応募が条件となります。
     

  • カテゴリーごとに最大10名の最終選考通過者および1位、2位、3位受賞者、そして、部門全体の最優秀賞1名が選出されます。
     

 

プロフェッショナル部門のコンペティションでは、世界最高の組写真を選出し、発表します。プロフェッショナル部門で最優秀作品に選ばれた応募者は、写真界において屈指の知名度と高い評価を誇るフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀賞)の称号を与えられます。

10のカテゴリー(建築、テーマ(Brief)、クリエイティブ、発見、ドキュメンタリー、風景、ナチュラルワールド、ポートレート、静物、スポーツ)各々において1位に選出された作品の中から、毎年、写真界に精通した審査員によって、フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀賞)が選ばれます。

これまでにフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀賞)に選ばれたフォトグラファーは、Vanessa Winship (2008年)、David Zimmerman (2009年)、 Tommaso Ausili (2010年)、Alejandro Chaskielberg (2011年)、Mitch Dobrowner (2012年)、 Andrea Gjestvang (2013年)、 Sara Naomi Lewkowicz (2014年)、John Moore (2015年)、 Ashgar Khamseh (2016年)、Frederick Buyckx (2017年) 、そして Alys Tomlinson (2018年)です。
 

主要受賞者に加え、各カテゴリー入賞者や最終選考通過者にも、世界規模のプレスキャンペーン参加、WPOウェブサイトへの掲載、そして、春にロンドンで行われるサマセットハウスでの作品展示などの機会が与えられます。

 

2013年にフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことで非常に高い評価を受け、世界各国で取り上げて頂けるようになりました」 - 2013 Sony World Photography Awardsフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー (年間最優秀賞)Andrea Gjestvang

 

ご注意ください

コンテスト応募に際して、エントリーできるのは1部門のみです。プロフェッショナル部門への応募受付が完了した場合、一般公募部門 やユース部門には応募できません。

■賞金・賞品

  • フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー (年間最優秀賞):現金2万5000 USドル/ロンドンまでの旅費(飛行機)および宿泊費/ソニー製デジタルカメラ/ロンドン・サマセットハウスでの作品展示  他
  • 各カテゴリー1位:ロンドンまでの旅費(飛行機)および宿泊費/ソニー製デジタルカメラ/ソニーワールドフォトグラフィーアワード年間図録に掲載/ロンドン・サマセットハウスでの作品展示
  • 最終選考通過者ロンドン・サマセットハウスにて作品をデジタル展示

Monthly Prizes