Skip to main content

学生部門 (Student)

世界各国で写真を学ぶすべてのフォトグラファーが対象となります

 

  • 学生部門は、全日制コースで写真を学ぶ学生なら誰でも応募可能です。

  • 学生が所属する教育機関の登録が必要になります。
     

  • 一次審査では3点から5点、二次審査では5点から10点の作品を各々提出します。
     

  • 優勝者1名、最終選考通過者は最大10名選出されます。

 


学生部門コンペティションは、写真学科の学生を対象とした世界屈指のプログラムです。毎年、登録教育機関に、まず独自の一次審査課題が与えられ、応募者は指定期間内に所属教育機関に与えられた課題に基づいた3点から5点の写真で構成される組写真作品を提出します。

 

最終選考に進んだ10名の学生は、二次審査及び最終審査の対象となり、5点から10点の写真で構成される組写真作品を提出します。

 

最終選考に進んだ10名の学生は全員、ソニー製デジタルカメラを授与され、ロンドンで開催されるソニーワールドフォトグラフィーアワード 授賞式に招待されます。優勝者が在籍する教育機関には3万ユーロ相当のソニー製カメラ機材が贈られます。

 

最終選考に進んだ学生は、全員午前中にカジュアルな雰囲気で行われるワールドフォトグラフィーオーガニゼーションの編集スタッフと学生部門審査員によるポートフォリオレビューの集いに出席することができます。

 

所属する教育機関が未登録の場合は、ここから登録できます

 

2019年第一次審査テーマ: (劇的な) 進化 (“(r)evolution”)

 

3点から5点で構成されるフォトエッセイにより、この世界における進化を掘り下げることが求められます。このテーマでは、デジタル化、社会、環境、芸術、物質界、政治、文化など多岐に渡る題材によって様々な(劇的な)進化を表現してください。

 

 

RochelleStellenbosch 写真デザインアカデミーを代表して、ソニーワールドフォトグラフィーアワードの学生向けプログラムに称賛の拍手を送りたいと思います。」- Mark Antonello(南アフリカ)Stellenboch写真指導教官

 

賞品

10名の一次選考通過者全員にソニーのデジタルイメージング機材が贈られ、ロンドンでの授賞式に招待されます(飛行機)。 優勝校には30,000ユーロ相当のソニー製カメラ機材が贈呈されます。

ルール (参考)

1. Sony World Photography Awards (SWPA) 学生フォーカス部門は、World Photography Organisation (WPO)が選んだ大学のすべての学生に対して門戸が開かれています。応募者は応募締切時点で18歳以上30歳以下が対象です。応募にあたってはこのルールとSWPA規約を確認の上同意していただく必要があります。応募締切は2018年11月30日午後1:00 (グリニッジ標準時)です。応募することで応募者は、WPOが応募者個人の登録データを受け取ることを許諾したことになります。WPOはプライバシーポリシーに基づきすべての個人情報を扱います。


2. 応募者はテーマ(brief)に沿った作品画像を3枚以上5枚以下提出してください。 応募するには所属校が登録されており、応募作品が指導教官に渡される必要があります。指導教官はwww.worldphoto.orgに画像を提出してください。


3.1 すべての応募作品は2018年11月30日までに指導教官が提出してください。
3.2 その後、参加校が提出した画像から、WPOの選考委員会が二次審査に進める10校を選びます。 選ばれた画像はWPOによってその適性が確認されたのち2019年2月1日以降発表されます。
3.3 選ばれた10校(各校生徒1名と指導教官1名ずつ)にはメールで通知が行き、2019年4月のロンドンまでの往復航空券(エコノミークラス)と、2泊の宿泊に関する案内が届きます。
3.4 WPOの判断は最終であり、交渉は受け付けません。
3.5 次にあげる要求を満たさない画像であった場合、たとえ応募後であってもWPOはその一存で応募を不適格とし破棄することができます。WPOは不適格とされた応募者との議論を行いません。
3.5.1 応募画像はあなた独自の自身による制作物であること。
3.5.2 コンテストへの応募はあなたに決定権があること。
3.5.3 応募画像は応募者や他のあらゆる人の個人情報を含まないこと。
3.5.4 応募画像は、権利侵害、脅迫、虚偽、誤解、虐待、嫌がらせ、誹謗中傷、名誉棄損、下品、わいせつ、スキャンダル、挑発、ポルノ、不敬に該当する内容を含まないこと。
3.5.5 応募画像は犯罪や市民としての責任を問われるような行為、違法行為に関連する内容を含まないこと。
3.5.6 応募画像は第三者(社)の保有する著作権、商標権、契約権などの知的財産権を侵害していないこと、またあらゆる人のプライバシーや広報権を侵害していないこと。 言い方を変えると、応募画像は下記を含まないこと:
3.5.6.1 第三者保有の商標
3.5.6.2 第三者保有の著作権物(映画のセリフ、作曲を含む)および/または、
3.5.6.3 尊命、物故を問わず、有名人ほか公人を特定できるような名前、声、似た要素。
3.5.7 応募者が、ストックフォトの使用権を購入または確保した応募作品。
3.5.8 WPO以外の商品やサービスをプロモートする商業コンテンツを含む画像。応募画像にスクリーンクレジットが含まれていないこと。
3.6 応募者は下記を保証すること
3.6.1 応募画像は必要なすべての権利を保持しており、応募をウェブサイト上に公開していること。
3.6.2 応募画像は第三者(社)の保有する著作権、商標件、契約権などの知的財産権を含んでおらず、侵害していないこと。 万一、前述の規約に反して権利侵害があった場合、その結果WPOに生じるすべてのロイヤルティー、料金などの支払いを弁償すること。
3.6.3 応募画像に写っている人物はその肖像権をあなたに許諾していることを確認してください。 服装やその他小道具の使用にあたっては持ち主から賃借または貸借が許諾されていることを確認してください。 
3.6.4 空白
3.6.5 万が一不正や評価過程での操作が疑われるに十分な証拠が揃った場合、WPOは当該の応募をすべて取消し必要であれば他の応募者を表彰する権利を有します。WPOの決定が最終となります。
3.6.6 空白
3.6.7 コンテストに応募することで、応募者は作品の著作権は撮影者にあることを認めたことになります。SWPAで使われるすべての写真には撮影者のクレジットが入ります。これには2019年4月に行われる授賞式の後3年間に亘って刊行されるWPOのメディアや文書が含まれます。あたなはそれぞれの応募について、以下を目的にあらゆるメディアを通じてコンテストを直接的、間接的に扱う非排他的、非可逆的ライセンス権を全世界対象に無期限でWPOに許諾することになります:
(a) コンテストの審査
(b) WPOによるWPOをプロモートするための一般向けの写真展で受賞作品や応募作品を展示すること
(c) ウェブサイトや図録(またはそれに類するもの)への掲載
(d) WPOをプロモートするためにWPOが開催する展覧会や、コンテストをプロモートするための記事への掲載
(e) コンクールや展覧会に関連したWPOまたは第三者が販売する商品(著作者の個別の同意取得が前提)に使用すること
(f) コンクールや展覧会に関連して応募作品をプレスが取り上げるようサブライセンスすること
(g) 個人的かつ非商業目的に限りウェブサイトの訪問者がコンピュータ画面上やPDA, 携帯電話上で画像を閲覧し、それらをディスク、PDAや携帯電話に保存すること(サーバーなどネットワークに接続された記憶媒体は除く)。第9項参照のこと。
3.6.7.2 コンテストに応募することで、画像の不適切な使用を発見することはそれぞれの応募者の責任であることを確認したことになります。WPOおよびイベントパートナーは画像の不適切な使用に対して一切の責任を負いません。
3.6.8 WPOは、コンテストに使われている機器やプログラムに起因するもの、ユーザーに起因するものを問わず間違った情報、不正確な情報、不完全な情報に一切の責任を持ちません。またWPOは、あらゆる技術的問題、ソフトウェア、ハードウェアの故障、ネットワーク上の問題、コンピュータ転送データのエラーほか、コンテストに絡む一切の技術的問題、不具合に責任を持ちません。WPOは、通信経路上の問題に起因する動作、データ転送に関するあらゆるエラー、欠落、変質、中断、消失、欠陥、遅延や盗難、破壊、不正アクセスによる応募情報の改ざんに一切責任を持ちません。WPOは、電話網、電話線、コンピュータオンラインシステム、サーバー、コンピューター関連機器、ソフトウェア、WPO宛てEメールに関するあらゆる技術的問題、人的エラー、インターネット上やウェブサイトのトラフィック増によるデータ遅滞またはこれらの複合要因により生じた問題や動作不良に一切の責任を持ちません(コンテストへの参加や作品のダウンロードに起因する応募者や第三者のコンピュータに対する損害や人的被害を含みます)。コンピューターウィルスへの感染やプログラムのバグ、改ざん、不正介入、不正や技術的問題に起因する欠陥などを含む何らかの理由により応募者の作品が見られなかったり思った通りに処理されない場合、WPOは一切の責任を負いません。
3.6.9 WPOやその親会社、子会社、関連会社、イベントパートナー、広告エージェンシー、プロモーションエージェンシー、およびそれらの役員、ディレクター、従業員、株主、代表者、代理人は、応募者のウェブサイト使用やアクセスに起因する直接的、間接的、偶発的、結果的、特別なもしくは懲罰的な損害に対して一切の責任を負いません。前条項の一般性を制限するものではありませんが、ウェブサイト上のあらゆる情報は、市場性、使用目的への合致あるいは権利を侵害していないことに対する暗示的な保証などを含む一切の保証もされない現状のままの状態で提供されます。
3.6.10 コンテストに参加することで、参加者は追加の補償無しに宣伝、プロモーション、広報を目的とした名前・肖像の使用や関連する広報活動への参加に同意したとみなされます。またコンテストに参加することで参加者は、WPOやその親会社、子会社、関連会社、役員、ディレクター、従業員、イベントパートナー、代理店を、コンテストへの参加や賞を受け取りそれ最大限に利用することに起因して生じるあらゆる損失、損害、人的被害や補償責任から、法の許す限り免責します。
3.6.11 コンテスト応募者は、メディアがプリントするのに十分な解像度の写真を提供することが可能でなければなりません。
3.6.12 受賞者が賞を金銭に換えて受け取ることはできません。
3.6.13 受賞者はオンラインで出版されます。
3.6.14 WPOの判断は最終であり、協議はしません。
3.7 写真は2018年6月1日から同年11月30日までに撮影されていること。
3.8 写真はデジタル処理可ですが、どのように改変したかの詳細の説明が必須です。
* 以上のルールはWPO公式ウェブサイトhttps://www.worldphoto.org/student-competitionに記載された英文が最終となります。

Popup 28_08_18